topicon4.png

Info & Question | Works  | Exhibition  |  Around The World  |  After The World  |  A Day  |  Top Photos | Diary

HOME > AroundTheWorld2008 > 世界一周旅行ノルウェー編 フッティルーテンの沿岸急行船

norway.jpg

_IGP8364.jpg_IGP8364.jpg

KIRKENES-BASTFJORD■世界で最も美しい航路へ
from 30 June '08
PhotoGalleryへ
地中海から一気に北極海へ向けてノルウェーへ飛ぶ。クルーズの取材をさせてもらえることになった。そこはナショナルジオグラフィックで世界一美しい航路に選ばれたフィヨルドの航路。その南回りの出発点、キルケネス。北極圏を越えたヨーロッパの北の果て。
人間の生み出した近代文明が、本当に良いことなのか…
沿岸急行船・フッティルーティンの船上で、本気で疑問に思ってしまっていた。
旅の日記へ

_IGP8787.jpg_IGP8787.jpg

KONG HARALD, NORTH CAPE-OKSFJORD■北極圏は実は暖かい
from 01 July '08
PhotoGalleryへ
バイキングの故郷であるノルウェーは雪に閉ざされた極寒の地で、そこに住めるのは荒くれたバイキングであるという感じのテレビを日本で見て育ったと思う。
はっきり言おう、そんなの嘘。夏の北極圏はTシャツでも暑い。太陽が沈まず一日中陽の光が振り、植物は日本よりもどんどん育つ。半年雪が循環させた地中の栄養が大地や海を巡り、豊かな大地と海をもたらす。
バイキングの豊かさに唖然とした。
旅の日記へ

_IGP9280.jpg_IGP9280.jpg

TROLLEFJORD-LOFOTEN■アルプスが水中に沈んでる場所
from 03 July '08
PhotoGalleryへ
フィヨルドというのは、氷河期に氷山によって削れた場所。それが沈下して海になっている。だからアルプスと同じ。マッターホルンやモンブランが半分水中に沈んでいる風景をイメージすれば、それがフィヨルド。
たぶんそんな風景を見た人は、箱船のノアの一家しかいないだろうけどね…
北極圏は夏陽が沈まない日々がある場所。
ここは神様の庭だと言われても、信じられるような風景が続いていた。
旅の日記へ

_IGP9664.jpg_IGP9664.jpg

TRONDHEIM-BERGEN■ここは緑に囲まれたプロテスタントの国
from 04 July '08
PhotoGalleryへ
北極圏を抜けると、夜がやってくる。といっても空は黄昏のまま朝を迎える。
夏の夕暮れがずっと続く…
そして湖のように穏やかな海と、溶けるようなシルエットのフィヨルド。どこにいても美しいノルウェーの風景だけど、オーレスンで見た空のグラデーションは忘れられない。
夜と夕暮れの狭間、あるいは光と影の間。本能的に、穏やかな気持ちにしてくれる自然の全てがある気がしていた。
旅の日記へ