topicon4.png

Info & Question | Works  | Exhibition  |  Around The World  |  After The World  |  A Day  |  Top Photos | Diary

HOME > AroundTheWorld2008 > 世界一周旅行 モロッコ編2 砂漠地帯とカサブランカ

morocco2.jpg

_IGP6308.jpg_IGP6308.jpg

Merzuga■サムライの末裔だから、時には差し違える覚悟はするね
from05June '08
PhotoGalleryへ
フェズで助けてくれたのはムスタファ、リッサニで罠に陥れたのもムスタファ。中東はフムタファだらけ。いずれにしてももめ事は日常茶飯事なんだけど、周りに何もない場所で追い込まれるなら事情が違う。子供の頃から父親に言われてた事。悪い奴に負けるな。弱いものを守れ。時には、自分の尊厳のために死ぬ覚悟をするのも悪くないって思った。
なんてね。
旅の日記へ

P1010502.jpgP1010502.jpg

Todora■砂漠は砂だけじゃない
from06June '08
PhotoGalleryへ
体調が崩れて、エジプトで白砂漠・黒砂漠に行かなかった。考えてみると大後悔。メルズーガを後にして、仲良くなったフランス人一行に便乗してマラケッシュへ向かう。
モロッコの砂漠地帯…岩山が連なる緑が少ない場所。不思議に思った…なんでこんなところに住んでいるんだろうって。なんでだろう。まだ分かっていない。乾燥に弱いから、喉が何となく痛くなってきた。それにしても、力強いというか素敵な風景である
旅の日記へ

_IGP6417.jpg_IGP6417.jpg

Hotel-auberge-la-fibule■このホテルの写真撮ってくれないか
from06June '08
PhotoGalleryへ
アブドラテフは言った。ここのオーナーは俺の昔からの友達でなんだけど、そんなにリッチじゃないんでプロに写真を頼める金は無いんだ。って彼は続けた。
もちろんOK。彼のお陰でメルズーガの砂漠から脱出できたようなもんだ。大きな借りがある。少しでも返せれば、こっちだって嬉しいよ。って応えた。泊まった宿。本当に素敵な空間だった。全然バリアフリーじゃない。でも、本当に幸福な空間ってこういうとこじゃないのかな、って思った。
旅の日記へ

_IGP6549.jpg_IGP6549.jpg

Casabranca■君の瞳に乾杯と言うのだ
from07June '08
PhotoGalleryへ
マラケッシュからカサブランカへ。久しぶりの電車。仲良くなった自称警官の男性、それに女性二人連れと相席になる。たぶん彼は、女の子と仲良くなりたくて、サイトゥーンはダシに使われた。世界中、男は変わらないな~。それにしても、気持ちの良い時間を過ごさせてもらった、そして冗談だろうけど求婚される。ちょっとどうしようか迷う。でも飛行機が間に合わないから、残念だけど別れた。彼らは首都ラバトへ。
旅の日記へ